ItalianとFrench どちらがお好き? Ver2

sugiyan.exblog.jp
ブログトップ
2010年 07月 10日

ぼちぼちと、、、6 インナーチューブ再鍍金編その2 おまけ付き

お客さんから、電話が・・・。
「杉〇さん、あかんわ~、研磨してもピンホール一杯やぁ」
   げっ、、、、(泣

で、見に行った所、「あぁぁ、本当やねぇ」
ここまでたくさんあると、溶接で埋めるのもちょっと無理。
爪楊枝の先位ですが、これがあるとここから鍍金が剥離しちゃいます。

b0085391_7552961.jpg









「研磨機でこれ以上は削るの大変やし、旋盤で引こうかぁ」、「引いちゃうと、鍍金厚で1000μm位着けないとね」、「お金掛っちゃうョ」なんて脅しも(笑

まぁ、最悪の事も想定してたので、銅鍍金で埋めてから硬質クロムをしようと。

変更した工程は、、、

1).電解剥離
2).研磨

今はここまで終了
======================
これからの行程

3).青化銅鍍金orニッケルストライク鍍金
4).硫酸銅鍍金+研磨×2~3回 (ここで、ピンホールを埋めます)
5).硬質クロム鍍金
6).研磨

今月号のノスヒロに車のバンパーの再鍍金の記事が出てましたが、「やっとここまでの工程を書いてくれたなぁ~」って。
ここまでの工程を書いてあった事は見た事なかったもんね。


で、インナーチューブは今、愛知県に居ます(笑
浜松のお客さんで銅鍍金を着けて貰ってから、石川県で硬質クロムを着けます。
面倒ですが楽しんでます、、、「この業界にいて、良かったぁ~」なんて。

リアサスは、TWKに問い合わせたところ、結構安くやってもらえそうで(ホッ
b0085391_816237.jpg


こだわり過ぎなのか、、、まだまだ、時間掛りそうですね。
[PR]

by t-suggy | 2010-07-10 08:34 | FANTIC | Comments(0)


<< ぼちぼちと、、、7      ぼちぼちと、、、5 入札は・・・ >>